整形をして綺麗な自分にするために必要な知識を身につける

たるみを改善

フェザーリフトの特徴とメリットについて

顔に関するフェザーリフトは、医療用の糸を埋め込むことによって、顔にできたしわやたるみを改善する方法です。 フェザーリフトの糸は、ポリプロピレンという素材からできていて、心臓血管外科などの手術などにも利用されています。手術に30年以上使われていて、安全性が高いです。 フェザーリフトでの治療は、切開することがないため、術後の腫れなどの症状がほとんどありません。腫れが生じた場合も、2,3日で引くことが多いので、安全性が高いです。術後すぐに、リフトアップの効果がわかりますが、術後2,3週間後にさらにリフトアップの効果があらわれます。これは、糸の周囲に形成される繊維組織による収縮効果によるものです。効果の持続期間は5年程度あり、45歳未満の人の軽度のたるみに最も効果があると言われています。

フェザーリフトの糸の特徴と手術について

フェザーリフトの治療法は、たるみの気になる頬の部分の皮膚深部(皮下組織)に、幅が1mm以下の特殊な糸を通すことで行います。フェザーリフトに使う糸は、羽のようにギザギザしています。このギザギザが皮膚にしっかりと引っかかって、固定されます。そのギザギザの周りに線維組織が形成されて、リフトアップの効果が向上されます。 フェザーリフトの手術時間は、30分以下で終わります。局所麻酔を使って手術を行うので、痛みがほとんどありません。手術をした日にシャワーをすることもできます。メイクなどは翌日からすることができます。抜糸する必要がないので、ほとんどの場合、通院する必要がありません。皮膚には針を刺した部分の傷が残りますが、すぐに消えるため、安心できます。