整形をして綺麗な自分にするために必要な知識を身につける

プチ整形をする

手軽に受けることができる分、持続期間は短めです

整形術の多くは、麻酔をした上でメスを使用しておこなわれます。中には、全身麻酔や入院が必要となるくらい大掛かりな整形術もあります。しかし逆に、非常に手軽におこなうことのできる、プチ整形と呼ばれている整形術もあります。プチ整形には具体的には、まぶたに糸を通して二重にする埋没法や、シワを埋めるヒアルロン酸注射、肌を若返らせるプラセンタ注射などがあります。いずれもメスは使用されませんし、麻酔も注射あるいはガーゼによって局部的におこなわれます。さらに施術時間は10〜20分程度と短く、もちろん日帰りすることができます。ただしその分、手術による整形術よりも効果の持続期間が短めです。たとえば埋没法の場合は、糸が切れれば効果がなくなることがありますし、ヒアルロン酸やプラセンタの注射の場合は、代謝によって徐々に体内から失われていきます。もちろん再度の施術により再び効果を得ることができるようになるのですが、逆に言えば最初からその可能性があることを考慮しておく必要があるということです。

日常生活に支障を来たさないというメリット

プチ整形には、手軽におこなうことができる分、ダウンタイムが短いというメリットもあります。ダウンタイムとは、施術による痛みや炎症などが続く期間のことです。メスを使用した整形術の場合、麻酔が切れれば痛みが生じてきますし、炎症を起こしている間は肌が赤く腫れます。痛みや腫れがおさまった後も、切開した部分に傷が残ることがあります。しかしプチ整形の場合は、そういったデメリットがほとんどないのです。痛みは少なく、炎症もほとんど起こさないか、数日程度でおさまる場合が多いです。そのためプチ整形後には、問題なく日常生活を送ることが可能です。飲食はもちろん入浴もおこなうことができますし、会社や学校などに行くこともできます。日常生活に支障を来たさない点は、プチ整形の大きなメリットのひとつと言えます。

担当医に相談する

プチ整形をする時には、担当の医師とカウンセリングを必ず行って、そういった整形をしたいのかを話すことが大切になります。希望の整形を伝えることで、適切な施術方法を医師が考えます。

適切な施術

しみをなくすためには、適切な治療を受けることが大切です。美容外科やエステなどを利用することで、適切な施術を行ってしみをなくすことができます。効果的な施術ができるので、とても人気があります。

たるみを改善

肌のたるみを改善するためには、適切な施術を受けることが大切になります。施術の中には、たるみを効果的に対応することができる物があります。それは、フェザーリフトです。切開をする必要がないため、人気がある施術になります。

必要な費用

乳ガンによって、乳房を摘出せざるを得なかった人がいます。そういった人が行うのが乳房再建です。高額な手術費用が必要な場合がありますが、現在では保険が適用され手術を受けやすくなっています。